組合概要

森林組合経営理念

当森林組合では下記の目標を掲げ、組合員の皆様のお力になれるよう役職員一同、業務に取り組んでいます。

『組合員に信頼される組合づくり』

また、上部団体である、全国森林組合連合会主導のもと、以下の森林組合綱領を掲げ、木材の供給をはじめとして、国土の保全や水源の涵養或いは、地球温暖化に影響を与える二酸化炭素の吸収など、多面的な機能を持つ森林を維持していく為に活動しています。

JForest 森林組合綱領

-私たち森林組合のめざすもの-

私たち森林組合は、地域の森林管理主体として、地域の森林を協同の力で育て守り続け、森林環境保全と林業発展を通じて、地球温暖化防止へ貢献するとともに、水源の保全、国土の安全、健全な森林環境と良質の木材を国民へ提供しながら、健康で安心、豊かな住生活を支えていくことを使命とします。

私たち森林組合の組合員・役職員は、こうした使命を自覚し、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主・自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、平和とより民主的で公正な社会の実現に努めます。

このため、私たち森林組合の組合員・役職員は、次のことを宣誓し、責任を持って行動します。

一、森林(もり)の恵みに感謝し、地球環境保全のため、豊かな森林(もり)を未来に引き継ごう。

一、森林(もり)を守り育て、林業と山村を活性化しよう。

一、JForest森林組合への積極的な参加によって、協同の力を発揮しよう。

一、自主・自立、民主的運営を基本に、開かれた組合経営を目指そう。

一、協同の理念と誇りある仕事を通じて、共に生きがいを追求しよう。